鎌倉の冬2008.2.10 久々の浄妙寺境内レストラン 

久々に我が家の迎賓館にお客様を迎えることになりました。というか、日曜の明け方まで中世史の学術研究にいそしみ、昼まで寝ていたところをジェイ君に電話で叩き起こされ・・・・・

浄妙寺石窯ガーデンテラス_01.jpg

「石窯ガーデンテラスに行きませんか?」、「いま何処?」、「岩田さんちの前」、「はぁ〜、今起きたとこだよ〜、あとから行くからどっかで遊んでて」


待ち合わせ場所は鶴岡八幡宮の牡丹園。という訳でこのページは冬牡丹からスタートした訳で御座います。

浄妙寺石窯ガーデンテラス_02.jpg

で、合流して・・・・
「ふっふっふ、俺はここにタダで入園出来るんだぜ、えっへん。」、「どうしたんですか、料金所のお姉さんを口説いて顔パスになったとか?」、「わっはっは、それもあるけど(世間の声:ないない)こういうものもあるのじゃ。ゴールドカード! 鳩の餌だってタダでもらえるんだぞぃ。」、「鳩の餌って50円じゃないですか。」といつものボケツコミからツーリングは始まったのでありました。

いっときますがシルバーパスじゃありませんよ。鶴岡八幡宮の槐 (えんじゅ)の会会員証なんで御座いますよ。


という本日のお客様はこの面々。我が家は広すぎて迎賓館ことメインダイニングに行くのも自転車で走らなければなりません。

浄妙寺石窯ガーデンテラス_03.jpg


鶴岡八幡宮の馬場道(流鏑馬をやるところ)の近くに1本だけ、梅が咲いていました。鎌倉の所々には咲きはじめましたね。

浄妙寺石窯ガーデンテラス_04.jpg


向かった先はここ、浄妙寺で御座います。手前は緑梅なんですが、流石にまだですねぇ。

浄妙寺石窯ガーデンテラス_05.jpg


総門を潜ると、ロウバイが。ちょっと盛りは過ぎましたが綺麗でした。

浄妙寺石窯ガーデンテラス_06.jpg


そして白梅も。

浄妙寺石窯ガーデンテラス_07.jpg


その隣には紅梅も。でも紅梅はこれからですね。

浄妙寺石窯ガーデンテラス_08.jpg


本堂の前では、お嬢さんが童心に返って、残雪を踏みつけて遊んでいました。まあ私もやりますがね。(笑)

浄妙寺石窯ガーデンテラス_09.jpg


本堂の脇をすり抜け、お茶室・喜泉庵の脇もすり抜けて、向かった先がここ、我が賄い侯爵家の迎賓館で御座います。実はここ、浄妙寺の境内なんですよ。

浄妙寺石窯ガーデンテラス_10.jpg

元々浄妙寺の境内のこの場所を貴族院議員(多分伯爵ぐらい?)が買い取ったのか、大正11年にこの洋館を建て、その後持ち主は転々とし、一時は鎌倉市の所有になったものを浄妙寺が譲り受けて、建物付きで元の持ち主の元に戻ったたと聞いています。

ネットに紹介するときに、場所は教えたくなかったので、「境内レストラン」と銘うって鎌倉ポタオフの案内ページに画像を出したので、以来すっかり「境内レストラン」で定着してしまいました。 (20〜30人ぐらいの私の周りの自転車乗りにね。)

生まれも育ちも鎌倉原住民のジェイ君は知らなかったようで、出し抜かれたと悔しがっておりました。わっはっは (^o^)


ところで、ここが何で我が家の迎賓館になったかというと、昔は鎌倉野菜と豆のスープ(パン付き)だと900円で済んだので、我が輩の休日のメインダイニングだったのですが・・・・

浄妙寺石窯ガーデンテラス_11.jpg

これだけのロケーションなら倍にしたって十分客は来るだろう、なんて思っていたら本当に倍になってしまって、おまけに鎌倉野菜と豆のスープは無くなってしまって。お客様でもお迎えするときぐらいしか来られなくなってしまったので御座います。トホホホホ・・・・


この敷地が洋館付きで浄妙寺に戻ったときに、洋館の一角に石釜(ペチカ?)があったので、これを改造してパンを焼こうかと言うことになったとか。この薪はその石釜でパンを焼く為のもの。「石釜ガーデンテラス」の「石釜」はそのパンを焼く窯のことです。

浄妙寺石窯ガーデンテラス_12.jpg

その手前の梅の古木は、花はまだだねぇ、と思いきや、えらいちっちゃな花が咲いていました。そういう種類なんかしら。


料理が運ばれてきました。ワインも豪勢にフルボトルで。

浄妙寺石窯ガーデンテラス_13.jpg

・・・・と、そのあとで、私の財布には千円ちょっとしか入っていないことに気がついて大慌て。


しかしジェイ君て、昔から変なやつだとは思っていたけど、ホント変なやつだね。

浄妙寺石窯ガーデンテラス_14.jpg

・・・まあ、「岩田さんにだけは言われたかねえやい!」と帰ってくるでしょうが。(笑)

浄妙寺石窯ガーデンテラス_15.jpg

室内とパン釜の様子イングリッシュガーデンの様子も宜しかったらどうぞ。


食事が終わって「お茶しましょ」と行ったのが、これまた浄妙寺境内の茶室・喜泉庵。

浄妙寺石窯ガーデンテラス_16.jpg

喜泉庵は天正年間(1573年〜1592年)に建てられたものを、平成3年に復興したものだそうです。


入り口には古い駕籠があります。修復はしていなくてボロボロですが。何でお寺に駕籠があったんでしょかね。

浄妙寺石窯ガーデンテラス_17.jpg


お茶室と言っても、利休の不審菴や、裏千家の今日庵とは全然違いますが。

浄妙寺石窯ガーデンテラス_18.jpg

というか、今はお茶室・お茶屋に使っているというだけで、この様式は書院・客殿でしょう。


でも私はここでお茶を頂くのがとても好きです。水琴窟もあるし。正面のものは違いますが。

浄妙寺石窯ガーデンテラス_19.jpg


とまぁ、のんびりくつろいで、浄妙寺を後にしようと思ったら、門の向こうで止まってしまって3人ともなかなか出てこない。やっと出てきたと思ったら・・・・

浄妙寺石窯ガーデンテラス_20.jpg

中からお寺の人(ご住職の奥様?)に呼ばれて慌てて戻って行くではないですか。

浄妙寺石窯ガーデンテラス_21.jpg

何やってんの?


じょうがないので見にいったら・・・、

浄妙寺石窯ガーデンテラス_22.jpg

「岩田さん、受付猫〜♪」だって。これかい、これを待ってたのかい。


どうも男性の客人2名は、お茶室で肩がこったようなので、もうちょっとリラックスしたところでお茶をし直し。 旧華頂宮邸こと賄い侯爵邸(えっ、逆だろうって?)を脇に見ながら詫間ヶ谷の坂を登り、そのまま山岳サイクリングに。

浄妙寺石窯ガーデンテラス_23.jpg

私が悪いんじゃありません。お一人さまが逗子へ帰るので、ジェイ君が「このまま真っ直ぐ行くと近いんだけどね。」と言ったのがきっかけなんで御座います。
ところで○沢さんに立て替えてもらったお昼代どうしよう。今度は梅の時期に北鎌倉にある我が家(またかい)のお茶席にでもご招待いたしますかね。で、お昼はお漬け物のフルコースとか。(笑)


他の季節は浄妙寺と石釜ガーデンテラスindexからどうぞ