2017.06.03       明月院のお帰り編 

そろそろ行こうかと云いながら、やぐらへ。
だって、私の七つの顔の中には中世考古学研究者というのも入っているんですから♪

明月院のお帰り編_01.jpg

しかしアジサイには早すぎたなぁ、これなんかまだロリコンだし。

明月院のお帰り編_02.jpg

他のアジサイで「これは女子高生ぐらいかな?」と云ったらバルタンさんが 「え〜! 女子大生ぐらいでしょ−!」と。(笑)

明月院のお帰り編_03.jpg

そんな「女子高生女子大生論争」を続けながら竹藪に突入。

明月院のお帰り編_04.jpg

この瓦はウケけました。特におじょうちゃんにはあの天女が。

明月院のお帰り編_05.jpg

生まれたてのぶっとい竹。
バルタンさんが「これぐらいの太さだとかぐや姫の話も納得出来るね、家の近くには細〜い竹しか無かったから子供の頃に絶対おかしいと思った」と。(笑)

明月院のお帰り編_06.jpg


明月院を出たところのこの家。昔から何か好きなんですよね。

明月院のお帰り編_07.jpg

おっ、また着物のお嬢さんが。

明月院のお帰り編_08.jpg


最初は笛に行こうかとも思っていたのですが、パーティの時間もあるので帰り道のこのお店せへ。

明月院のお帰り編_09.jpg

ここまでは和風の佇まいだったのですが・・・

明月院のお帰り編_10.jpg

あれ? ロココ調?

明月院のお帰り編_11.jpg

なんか表の雰囲気と違う。

明月院のお帰り編_12.jpg

一階は食事。それもフレンチのフルコース的な雰囲気。

明月院のお帰り編_13.jpg

お茶は二階のようです。
その二階の照明。アールヌーボー? 入り口の雰囲気と全然違うじゃん。

明月院のお帰り編_14.jpg

ティーコーナーも雰囲気は良いんですが・・・

明月院のお帰り編_15.jpg

コーヒーカップに持ち手が無い。 おじょうちゃんが「フランス風なんじゃない?」と。
そうなのか〜、ん? リモージュのカップだってこんなんじゃないぞ! ちゃんと持ち手はあるぞ!

明月院のお帰り編_16.jpg

なんか、お抹茶を頂くような手つきになってしまいます。コーヒーなのに。変なの!

次ぎの帰りはここでお茶しようかな?

明月院のお帰り編_17.jpg


このあと和紙展のパーティに顔を出し、いつもながらのボケツコミ珍道中を満喫してご機嫌で帰っていく二人。6時だったかな? 私は一本後の湘南新宿ラインで帰りました。

明月院のお帰り編_17.jpg

 

他の季節は北鎌倉・明月院 indexからどうぞ