アクセス解析
    建築史・京都編   京都大会前日の三井寺     2018.04.20

新幹線で京都へ

4月20日、妹に母を頼み、11時ちょうどの新幹線で京都へ。

京都大会前日の三井寺_01.jpg

これは12時58分。何処だ?

京都大会前日の三井寺_02.jpg

1時18分に京都駅へ。

京都大会前日の三井寺_03.jpg

直ぐにローカル線に乗り換え大津の先の膳所へ。そこで京阪石山坂本線に乗り換えなんですが。

京都大会前日の三井寺_04.jpg

園城寺の大門

時間短縮の為タクシーで園城寺へ。しかしタクシーなら大津で降りた方が近かったかも。
運転手さんに「園城寺へ」と言ったら一瞬間があり「三井寺ですよね?」と。

京都大会前日の三井寺_05.jpg

2時15分。着きました。 ふ〜、まだ写真の撮れる時間だ(ホッ)。

京都大会前日の三井寺_06.jpg

重文の仁王門(大門・総門)です。 仁王? 見てないや。今日の目的は絞られているので。
もと近江の常楽寺にあった門を慶長6年(1601)に徳川家康が寄進したものだそうで、室町時代の宝徳3年(1451)の建立と推定されるそうです。

京都大会前日の三井寺_07.jpg

裏側から。

京都大会前日の三井寺_08.jpg

釈迦堂

大門を入って右側に釈迦堂(重文)が。良く見ると寝殿造っぽいですね。後で知ったんですが、天正年間(16世紀末)造営の御所清涼殿を下賜され移築したものと伝えられるそうです。だから寝殿造っぽいんだ。というか正面の唐破風を除けば寝殿造そのものですね。肘木(ひじき)も舟肘木(ひじき)だし。でもこの 写真を撮ったときには光浄院・客殿を見ること第一優先でろくに見てませんでした。失敗した。ん? 図録には「御所清涼殿を下賜され移築したもの」との言い伝えもあるが室町時代に建立されたものだろうとありますね。

京都大会前日の三井寺_09.jpg

大門の正面?が金堂の石段です。でも金堂は南面して建っているのでこれは側面(妻)です。大寺院の配置としてはなんか変ですね。

京都大会前日の三井寺_10.jpg

本当の目的地・光浄院

そんなことはどうでも良い。今日の本当の目的地・光浄院に着きました!

京都大会前日の三井寺_11.jpg

あれ?

京都大会前日の三井寺_12.jpg

ガーン! 建物の中に入れないだけでなくて、外観すら撮れないじゃない。(トホホホホ・・・)

京都大会前日の三井寺_13.jpg

で、Uターン、勧学院はどうだ?

京都大会前日の三井寺_14.jpg

勧学院も敗退

これか?

京都大会前日の三井寺_15.jpg

ここです、勧学院。しかし・・・

京都大会前日の三井寺_16.jpg

やっぱり入れないじゃん! 

京都大会前日の三井寺_17.jpg

何をしょげかえっているのかって? ここ園城寺の光浄院と勧学院の客殿は寝殿造と書院造を繋ぐ重要な遺構なんですよ。初期書院造とも主殿造とも呼ばれますが。3名以上の申込で見られるということは知っていたのですが、何故かそれは建物の内部と思い込んでいたんですね。
は〜・・・・。

とりあえず三井寺の基礎知識を。

三井寺というと天台宗の中で天台座主であった円珍の流れですが、円珍の没後、比叡山は円珍の門流と円仁の門流に分かれて対立。正暦4年(993)に円仁派の僧たちが円珍派の房舎を打ち壊す騒動があり、円珍派は比叡山を下りて三井寺に移ります。天台宗の分裂です。以降比叡山延暦寺を「山門」あるいは「山」、三井寺を「寺門」あるいは「寺」と称し、その対立は熾烈で比叡山宗徒による三井寺の焼き討ちは永保元年(1081)を始め、中世末期までに大規模なものだけで10回にも上っています。

歴史は古いのですが古い建物はありません。というのは豊臣秀吉によって一度潰され、当時の建物は比叡山その他に移築されるか、あるいはそのまま取り壊されています。その詳細は知りませんが、現在の園城寺は秀吉没後にその夫人、北政所や徳川家康によって再建されたものです。中には大門や釈迦堂、一切経蔵、三重塔のように室町時代の建物もありますが、他所から移築したものです。例外は新羅善神堂(南北朝期)ぐらいですかね? ん? 見落とした。(;^_^A