2021.06.09        我家の紫陽花.6   

6/09

園芸店その壱に寄ったらなんと甘茶が入ってた。でもこれホントに甘茶? 浄智寺のと違う。

我家の紫陽花.6_01.jpg

園芸店の親父の云うことにゃ「毒の無い山紫陽花を甘茶と云ってるような気がする」と。

お釈迦様のお誕生日にかける甘茶は葉っぱを乾かして煎じるのですが、紫陽花には毒があって普通は飲めないんですよ。

そう云われたときには「え〜、そんなぁ〜!」と思ったのですが、家に戻って調べてみたら甘茶にはいろんな種類があるらしい。何十種類も。つまり私にとっての甘茶、つまり浄智寺の甘茶はその何十種類の中のひとつに過ぎないと? 甘茶のアイデンティティが崩壊。(泣)

しかし何処に植えよう?
と考えてる最中にふと目に止まったのが紅額。 紅に染まりだした♪

我家の紫陽花.6_02.jpg

やっぱあそこしか無いかな? と速攻で地植え。

我家の紫陽花.6_03.jpg

それて車庫跡地の現状はこのように。見える紫陽花は六種類(内五種類が山紫陽花系) だけど実は7種類植わっているんです。花を落としちゃったんで見えませんが。

我家の紫陽花.6_04.jpg

6/10 

翌日もうひとつ買ってきました。自転車だとひとつずつしか運べないのでね。
それは鉢植えにして玄関前へ。

我家の紫陽花.6_05.jpg

手前の黒姫と奥のブルーステッキは花を落としてしまったので。鉢植えにしたのは花が終わったら場所を開けるため。だって紫陽花は6月6だけだからねぇ。三つも地植えじゃ殆どの季節ここには花が無くなってしまう。

我家の紫陽花.6_06.jpg