2009.05.09      釜飯の後は浄妙寺でお茶   

私の誕生日祝いに奢ってくれると言うので、鎌倉の東の多可邑(たかむら)へ。
なんせ奢りだというので、私はいままで一回しか食べたことのない「カニ釜飯」を。娘はいつも私が食べている「うなぎの釜飯」。この日のスポンサーは「山菜釜飯」です。

0616_01

えっ、お前が豪勢にカニなんか頼むから一番安い「山菜」になっちゃったんじゃないかって?
ちゃいまんがな。連れはベジタリアンではないですが野菜好きなんです。(;^_^A アセアセ…

それに「多可邑の釜飯は美味い!」と心底思えるのは実はこの一番安い「山菜釜飯」なんですよ。
何で山菜釜飯で「多可邑の釜飯は美味い!」と心底思えるのかというと、山菜釜飯って、とってもシンプルでしょ。誤魔化しようが無いんです。そのシンプルな「山菜釜飯」の意表を突かれた美味しさの感動はひとしおです。で、連れにも娘にも大好評。
でも私は高いカニ釜飯! だって滅多に無い奢りなんでっせ。おまけに一人の時には食べられない揚げ物まで。 それがまた「釜飯屋さんなのに、何でこんなに揚げ物が美味しいの!」って感動ひとしお。実はこのあと海老とロースの盛り合わせまで頼んだんですが、食べるのに夢中で写真を撮るのを忘れました。


で、お食事の後はお茶にデザートで御座います。当然我が家の迎賓館、浄妙寺の境内レストランへ。

0616_02

このお嬢ちゃん達姉妹なんでしょうね。背丈はおなじぐらいだけど。日傘なんかさして、かわゆい。


で、こちらが本堂。

0616_03


という写真を撮った場所の後ろにはお茶室、喜泉庵です。でも今日のお茶はここではなく・・・

0616_04


その脇を通って階段から坂の上へ。

0616_05


お茶をしに来たのはここで御座います。これ、浄妙寺の境内の中。変でしょ。

0616_06

元は貴族院議員、多分伯爵ぐらいの別邸です。誰かは知りませんが。


その庭はイングリッシュガーデン。何て花なんだって?

0616_07

・・・知りません。


こちらも知りません。

0616_08


これは任せなさい。アヤメかカキツバタか花菖蒲で御座いましょう。

0616_09

でも変わった色ですね。


こちらは判りません。

0616_10


これも何でしょう。

0616_11


これは解ります。さっきあった花の色違いでしょう。綺麗な色ですね。

0616_12

何て花かって? さぁ、そこまでは流石の私も。(。_・☆\ ベキバキ


でもこれは知ってます。海芋(かいう)です。カラーとも言うんですが。長谷寺にありました。

0616_13

後で気がついたら実家にもありました。


というのがイングリッシュガーデン。ちゃんと英国人の庭園デザイナーが関わっているみたいです。

0616_14


と、お庭をひとまわりして席にもどったら。来ていました。娘のムースです。

0616_15

まあ、誰が見たって判りますね。


でもこれは判りますまい。実はプリンなんです。

0616_16

しかしこれでお寺の境内の中ってんだから変でしょ? 私も最初はぶったまげました。今では私の友人の中では、名古屋の自転車仲間まで含めて「境内レストラン」で知れ渡っているんですけどね。

で、ここも私の誕生祝いの奢りなのかと思いきや「それはさっきのとこまで♪」なんだって。ガーン!
そればかりか、ここの石窯で焼いたパンを、「欲しい」「買えば?」「買って!」だって。なにそれ!


という様な親子三人「ぼけつこみ」ドタバタ珍道中はこの後も続いたのですが・・・ 

0616_17

写真を撮るのを忘れていました。


他の季節は浄妙寺と石釜ガーデンテラスindexからどうぞ