鎌倉一揆       今年初の浄光明寺       2018.04.08    

本日は竹御所主催の鎌倉一揆。
お題は年に一度の公開、覚賢塔と忍性塔に御座ります。竹御所ですから・・・。
まずは浄光明寺へ。

今年初の浄光明寺_01.jpg

そう言えば、竹御所は去年も忍性さんに呼ばれてなかったっけ?

「あっ、そういえば今日はお釈迦様の誕生日(灌仏会)だったんだ〜!」と云ったら竹御所に、
「今頃何云ってるんですか!」と怒られちゃいました。

今年初の浄光明寺_02.jpg

竹御所談:「怒ってはいません。呆れただけです。」

桜はほぼ散っていましたが、この枝垂桜はまだちらほらと。

今年初の浄光明寺_03.jpg

観音堂で土紋装飾のほとんど落ちた観音様にお参りしたあとで早速裏山へ。

今年初の浄光明寺_04.jpg

見えてきました。網引地蔵やぐらです。
でも蘊蓄はこちらで省略。いや、ちゃんと解説はしましたよ。

今年初の浄光明寺_05.jpg

更に登ると冷泉為相の供養塔なんですが、説明はこれで省略。もっと詳しくはこちらを

浄光明寺から覚賢塔_06.jpg

その後ろのやぐらです。やぐらのマンションでもあります。良く見て下さい。小部屋が沢山掘られています。こういう形式はこの近くにもうひとつあります。

今年初の浄光明寺_06.jpg

浄光明寺の南側、泉ヶ谷・東林寺跡のやぐらのアパート状の龕(がん)です。ここまで来ると龕(がん)と呼んでよいものかと。

泉ヶ谷・東林寺跡のやぐら _17.jpg

更に奥へ。
お前またブートキャンプやったのかって? ちゃいまんがな! 今日の主催者は竹御所ですから。 竹御所は覚賢塔見たさに激斜面の登りもなんのその(笑)

今年初の浄光明寺_07.jpg

「お〜い、そろそろ下に覚賢塔が見えるよ〜!」と声をかけたのにみんなわかんなかったみたい。

今年初の浄光明寺_08.jpg

確かにチラットみただけじゃ判んないよね。
判ります? これはトリミングしているのでもっと小さく見えます。

今年初の浄光明寺_09.jpg

これが覚賢塔。

今年初の浄光明寺_10.jpg

記念写真ではありません。
五輪塔だけ撮ったんでは大きさが判らないのでメジャー代わりに執権奥様を。ほぼ3mあります。
でも詳しくはこちらをご覧ください。ということで詳細は省略。

今年初の浄光明寺_11.jpg

戻ってきました。
あの柵の向こうに見えるのが冷泉為相の供養塔。あの柵の戸は普段は閉まっています。

今年初の浄光明寺_12.jpg

その供養塔の前はビューポイント。お墓の立地条件としては最高ランクですね。目の前の海は相模湾なんですが、その向こうにうっすらと見えるのは何? という話になって100円ショップで買ったキーホルダーの磁石を始めて使いました。で、答えは伊豆半島です。

今年初の浄光明寺_13.jpg

更に戻って浄光明寺境内へ。

今年初の浄光明寺_14.jpg

執権奥様が寺男さんから北条守時の墓と聞いたと。「は〜ん? あれは僧侶の墓塔でしょうが!」と云ったら、置いてあるのは後付で江戸時代のものと云われたと。それなら良いけど。
でも北条守時の墓って根拠は何でしょうね。

今年初の浄光明寺_15.jpg

2年前の「鎌倉の文化財、その価値と魅力〜比較研究から見えたもの〜(中間報告)」 連続講座第4回「やぐらの広がり」の会場がここ浄光明寺だったけど、そんなこと聞いてないよ。

そんな話があったのでまじまじと覗いていたら、竹御所が何か模様があると。う〜ん、確かに。
なんだろう? あっ、花瓶に刺してある蓮だ! 

今年初の浄光明寺_16.jpg

こっち側の方がクッキリ残ってますね。

今年初の浄光明寺_17.jpg

 

他の季節は浄光明寺・多宝寺跡覚賢塔 indexからどうぞ