アクセス解析
    建築史・京都編    三井寺・その他の塔堂    2018.04.20

唐院

唐院への石橋。

三井寺・その他の塔堂_01.jpg

奥に見えるのが灌頂堂。

三井寺・その他の塔堂_02.jpg

灌頂堂は慶長3年(1598)建立と推測されています。

三井寺・その他の塔堂_03.jpg

ところでこの四脚門 、変でしょ。棟門を四脚門に改造したみたいです。なので土塀の端みたいな構造が中央の柱の両脇に付いています。

三井寺・その他の塔堂_04.jpg

灌頂堂を脇から。やっぱり檜皮葺は落ち着きますね。
しかしその東に唐門と大師堂が有ったらしいのですが知らなくて見ていません。残念!

三井寺・その他の塔堂_05.jpg

三重塔

で、三重塔です。解説はこちらで省略。

三井寺・その他の塔堂_06.jpg

この説明板には南北朝期とありますが、図録には室町時代と。慶長6年(1601)の移築ですね。
しかし園城寺の撮影は午前中の方が良いですね。午後は逆光になって辛いこと辛いこと。

三井寺・その他の塔堂_07.jpg

というか、フィルターを綺麗にしていないのがバレちゃう。フキフキ "A^^;

禅宗様の一切経蔵

思いっきり禅宗様。円覚寺の舎利殿や東京都東村山市の正福寺地蔵堂を彷彿とさせますねぇ。室町時代ですが、慶長7年(1602)に山口から移築されたものです。

三井寺・その他の塔堂_08.jpg

でもここでは一切経蔵です。

三井寺・その他の塔堂_09.jpg

解説はこちらに。

三井寺・その他の塔堂_10.jpg

ほんと、円覚寺の舎利殿に似てるよなぁ。 あの上のクネクネも。

三井寺・その他の塔堂_11.jpg

中はこんなです。これが一切経の収納装置。 それ自体建物ですね。

三井寺・その他の塔堂_12.jpg

お休み処でお煎茶

疲れたのでお休み処へ。

三井寺・その他の塔堂_13.jpg

葛菓子とお抹茶と思ったらお抹茶の選択肢はありませんでした。お煎茶。
大昔にお煎茶の入れ方も習ったんだけど・・・、苦手。フキフキ "A^^;

三井寺・その他の塔堂_14.jpg

お庭も良かったですね。

三井寺・その他の塔堂_15.jpg